*bellmama blog*

*Welcome to BELL'S Paradise*bellmama blog
2011.4.10べるはお空に旅立ちました。
15歳と2ヶ月。いっぱい頑張りました。今までかわいがってくれてありがとうございました。
5月28日べるの49日にかわいい妹「ビーグル♀芽衣」が家族となりました。べるたん同様よろしくお願いいたします
(C)BELL's Paradise@Wakaba All Rights Reserved
0

    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | 
    << ご参考までに・・・  ありがとう >>
    0

      眠れること。食べれること。空気を吸えること。

       サクラサイタネ
      今日、久しぶりに、ゆっくりわんこたちとお散歩したよ。
      ここ横浜本牧は、満開の桜を観に、沢山の人と、沢山の車で大賑わい
      それでも、わかばも、杏もいっぱい歩けて、少し、気分転換になったかな?

      私の今が、いっぱい。一杯で、やっちや、犬たちに不自由させてしまってます。

      なかなか更新できずにいたのだけれど、
      今日は、べるたんの近況です

       東北関東の地震の翌日、べるたんは、
      大きな、手術をしました。
      もともとあった、リンパの腫れがひどくなって、器官を圧迫。
      そのまま放置すると、呼吸困難になり、いずれは窒息死してしまう。

      動物病院の先生と相談した結果。
      15歳のべるにとって、手術をするのが、どうなのか?
      先生は今のべるの体調、体力なら、その手術に耐えられると思う。。のことでした。

      もし、手術中に何かあっても、それはべるの運命。
      何もしないで、ただ苦しみながら死を待つならば、手術してもらおう。
      それで、どうなっても、後悔しない。


      手術は、成功し、べるは、見事に生還!!

      2つあるうち、ひとつのみ腫瘍を取り除いたのだけど、4×8センチもの大きなものでした。
      腫瘍を沢山の形状脈が巻きついて切って、縫合、切って縫合・・・3時間に渡る大手術だったのです。
      2つとも取るには、無理があったのです




      リンパの癌でした。

      術後の経過はいいのだけれど、
      もうひとつ残った悪い塊。
      コイツがべるを苦しめて、術後、何度か、入院し、ICUに入ったりしてたの。

      食いしん坊のべるちゃんがご飯を食べなくなって、
      いよいよもうダメ?そう諦めてたこともあったの。

      病院で逝かせていいの?
      家での看取りを覚悟で、1週間前、べるを家に連れて帰りました。
      ただ、ハアハアとするので、酸素が不足してしまうので、
      ネットで調べたら、とてもいいものを見つけたので、
      べるは、お家では酸素ハウスで過ごしてます。

      この1週間も、何度となく、「もうダメかも」そう思うこともあったのです。

      この言葉は使いたくなかったけれど「もう。がんばらなくてイインダヨ」
      そう言ったの。


      病院への移動は無理なので、先生には毎日往診してもらってるんだけど
      先生は、「安楽死」のことばは絶対にしません。
      なぜなら、べるには生きる力を感じるから。

      私も、母も、何が、べるにとって一番いいことなのか、わからないでいるのです。
      だけど、べるががんばれるのなら、がんばれるだけ、がんばって欲しいと思う


      数日、食べることを拒否していたべるが
      一昨日から、少しずつなんだけど、牛乳に浸したパンや、プリン。
      レトルトっぽい、兎肉や、ササミを少しずつ・・少しずつ食べてくれるようになったの。



      このところ、実家と横浜の往復。
      この週末は、やっちが3連休だったので、日中は、横浜で過ごし、夜は犬達を任せて、
      実家へ、
      夜は、2時間おきに起きてべるの様子をみる日々が続いています。
      今夜はちょっと私も、一呼吸のため。母に任せて横浜に帰ってきてます
      もう一度、元気なってくれるかな。べるちゃん。


      がんばれ!がんばれ!がんばれ!!
      がんばらなくていいいなんて、もう言わないよ。

      べる151ヶ月26
      一日でも長く、過ごせますように・・・・・





      そうそう。
      べるたんったら、頑固ものさんなので、
      ちっこは庭でしたいと思ったら、リビングの庭への扉をじっとみてアピール
      水が飲みたいときは、舌をペロっとなめてアピール。


      スゴイヨネ。
      べるたん。
      今日の診察は、なかなか良かったようで、
      酸素ルームから出たいのアピールがあったら、多少、はぁはぁしてても
      しばらく出してみたり、庭でゆっくりさせたりすることも必要・・とのこと


      先生のお言葉で、印象に残った言葉があるんだけど、
      絶望していた私達に光を与えてくれました


      今まで、いろんな子をみてきたけれど、
      べるちゃんみたいに、飼い主さんが一生懸命な人は、一握り。
      「この子は、とても感謝してますよ。だから、生きよう!ってがんばれるんですよ」って・・・・

      涙が止まりませんでした。
      先生も、一生懸命尽くしてくださってます。

      どんなに忙しくても、べるのために、往診してくださってます。
      感謝です・・・


      べるたん | comments(1) | - | 
      0

        スポンサーサイト

        - | - | - | 

        COMMENTS

        美人のべるちゃん。
        べるちゃんがいるから、若葉ちゃん、杏ちゃんがいるんだもんね。
        べるちゃん、すごいと思う!
        愛されてるわんこちゃんは、強いんだと思う。
        べるままちゃんもがんばって。
        from ほんま。 at 2011/04/13 11:21 AM

        COMMENT?

         
         
         


        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>